メンズ用の脱毛器はこちら

男性用の家庭用脱毛器や男女兼用出来る脱毛器など。ムダ毛のお手入れをしていきたいメンズに向けての情報を書いていきます。自宅で簡単に脱毛をしてみましょう!

 

脱毛器の種類について

JUGEMテーマ:脱毛器

家庭用脱毛器の種類は色々ありますが、人気がある家庭用脱毛器は「光脱毛器」か「レーザー脱毛器」になります。

光脱毛器だとケノン、レーザー脱毛器だとトリアが人気ですね。

光脱毛器とレーザー脱毛器の違いは出力と照射範囲が大きいです。
光脱毛器はレーザー脱毛器に比べて出力は弱いですが、照射範囲は広いです。
レーザー脱毛器はその逆です。

出力が強い方が効果は期待出来ますが、その分痛みを感じるので、レーザー脱毛器は効果が期待出来る分、痛みを感じることが多いです。
光脱毛器は、効果は遅いのですが痛みを感じにくいので、こちらを利用する人が多いようです。
特に、脱毛サロンなどでお試しを受けたりしてない人は、トリアは思っているよりも痛く感じることがあるので、買い換えたりすることもあるようです。

もちろん、家庭用脱毛器はどちらも自宅で利用出来るだけ出力を落とされていますので、出力調整をしていけばトリアの利用も平気な人もいますが、不安があるならケノンを利用するのが無難だと思います。

また、全身脱毛を考えているのでしたら、トリアは照射範囲が狭い分時間が掛かるので、ケノンを購入しておいた方がすぐに終わって便利ですよ。

価格で脱毛器を選ぶのもいいですが、効果と痛みも視野に入れて、最善の選択をしていくようにしましょう。


 

 

脱毛器の効果について

JUGEMテーマ:脱毛器

家庭用脱毛器は性能が向上してきているので、自宅で脱毛サロンのような効果を期待することが出来ます。

脱毛サロンで利用されている脱毛器よりも、家庭で利用しても問題ないレベルまで出力が落とされていますので、効果を実感するまでに時間が掛かることが多いです。
ですが、出力を落とされている分、痛みを実感しにくいです。
脱毛サロンやクリニックで、痛みを理由に通うのをやめる人もいますので、そう考えると家庭用脱毛器を利用していくのは続けてきやすいのではないでしょうか。

また、脱毛器は高くても10万円程度で購入することが出来ます。
ほとんどの脱毛器が全身脱毛に利用していくことが出来るので、10万円で全身脱毛をすることが出来ることになります。
脱毛サロンは全身脱毛を行おうとすると、20万円以上することもありますので半額で脱毛することが出来ますよ。

安全面に関しては、医師の方がいるクリニックやドクターサポートを受けられる脱毛サロンに比べると、家庭用脱毛器は不安があります。
効果を得ようと出力レベルを高くし過ぎて火傷をする人もいるそうです。
家庭用脱毛器は、自己責任で使っていくことになるので、無理のない範囲で、正しい使い方をしていくようにしましょう。


 

 

Vライン対応の脱毛器

JUGEMテーマ:脱毛器

家庭用脱毛器でVラインの脱毛を行いたいのでしたら、『痛み』にも注目していきましょう。

Vラインはデリケートゾーンですから、皮膚が薄く、痛みを感じやすい場所です。
脱毛器はパワーが強ければ効果を実感しやすいですが、その分、痛みが強くなります。

また、アンダーヘアは他の場所よりも毛が濃いことが多いです。
脱毛器が照射している光はメラニンに反応するので、毛が濃いと効果が出やすいのですが、やはりその分、痛くもなります。

基本的にレーザー脱毛器よりも光脱毛器の方が、効果は遅い分、痛みは少ないと言われています。
痛みに敏感な人は光脱毛器を利用していく方がいいかもしれないですね。

その光脱毛器の中にも、出力調整が細かく出来るものもありますので、そういったタイプを選んでいけば、万全ですね。

もちろん、照射前にきちんと冷やせばレーザー脱毛器でも痛みを緩和させていくことが出来るので、早く効果を実感したい人はレーザー脱毛器を選ぶのもいいと思いますよ。


 

 

脱毛器の比較

JUGEMテーマ:脱毛器

家庭用脱毛器を購入する際は、色々な部分を比較して、自分に合った脱毛器を選んでいきましょう。

●価格
これはだいたいの人が一番最初に確認すると思います。
高い脱毛器だと購入することが難しいですからね。
ただ、高くてもショッピングローンなどの分割で支払いが出来る脱毛器もありますので、支払い方法も確認してから決めていきましょう。

●脱毛器の種類
脱毛器には「光脱毛器」「レーザー脱毛器」「サーミコン式脱毛器」など種類があります。
毛が生えるのを遅くしていって、自分で処理をする回数を減らしたいなら「光脱毛器」か「レーザー脱毛器」がいいですよ。
「サーミコン式脱毛器」は除毛といって、一時的なムダ毛処理という認識でいた方がいいです。

●コスパ
家庭用脱毛器は1回使えばもう処理が必要無くなる、ということはありません。
ですので、脱毛器の「耐用回数」「取替え方法」などもチェックしておきましょう。
本体毎買い替えだと出費が大きいですが、カートリッジ交換タイプならカートリッジは本体よりも安いので出費が減ります。

●痛みの軽減
家庭用脱毛器は、脱毛サロンなどで利用されるものに比べると出力が弱いので痛みも感じにくいと言われています。
それでも、光脱毛器よりレーザー脱毛器の方が痛いという口コミが多いです。
出力調整をしていけば、痛みを抑えていきやすいので、「出力調整」も比較してみた方がいいですね。

最低限、この辺りは比較していった方がいいかと思います。
ランキング上位の脱毛器は、効果が期待出来ますが、使い続けていくのが難しい脱毛器を購入しても意味が無いですからね。


 

 

家庭用脱毛器を利用して女性にモテる

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛は女性にモテるための方法の一つになってきています。
お手入れをしていない男性は、女性に嫌われる可能性が高いですからね。
女性にモテたいなら、きちんと脱毛をして清潔感をアップしていきましょう。

カミソリや除毛クリームで処理をしていくのも手軽でいいですが、毎度毎度処理をするのが面倒だ、という人は家庭用脱毛器を利用してみてはどうでしょうか。

家庭用脱毛器は、家庭で利用出来るように脱毛サロンの光脱毛器かクリニックのレーザー脱毛器の出力を弱めたものになります。
出力が弱い分、効果が出るのは遅いと言われていますが、サロンやクリニックに通わないで、ムダ毛を薄くしていったりすることが出来ますよ。

また、サロンなどには2〜3ヶ月に1度通わないといけないので、先の予定の見通しがついていないと予約が取りにくいです。
ですが、家庭用脱毛器なら自宅で利用出来るので、予定なども関係ありません。
2週間に1度のペースで利用することも出来るので、思い出した時に処理をしていけばいいだけです。

自分でやらないといけなかったり、手が届かない範囲の処理は難しいものの、ひげ・手足なら自分でも続けて処理を続けていけるのではないでしょうか。

カミソリなどで処理をしなくて済むようになる分、肌へのダメージも減るので美肌にもなっていきます。
触れて気持ちいい肌なら、女性からのスキンシップも増えるのではないでしょうか。


 

 

業務用の脱毛器との違い

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛サロンで利用されている業務用の脱毛器と家庭用の脱毛器とでは、実際の所、何が違うのか。
そんなことが気になった人もいるのではないでしょうか。

今は家庭用の脱毛器も性質が上がってきたので、ほとんど脱毛サロンと同じような効果があると言われています。

それでも違いを挙げるとすれば

・効果が出るのに家庭用の方が時間が掛かる
・安全面

といった所に集約されるはずです。

家庭用脱毛器は、家庭で安全に利用が出来るように出力を弱められています。
そのため、脱毛サロンで施術を受けるよりも効果が出るのに時間が掛かってしまいます。

また、家庭で安全に利用出来るように、とは言われていますが、処理を行うのが一般の方ですから場合によっては何かしらのトラブルが起きることもあります。
簡単に操作出来るようになっているので、取り扱い説明書を読まない人も多いらしく、出力を上げ過ぎて火傷のような状態になることもあるそうです。

家庭用脱毛器を利用するのでしたら、予約が取れないといったことがなくいつでも好きな時に脱毛していくことも出来ますので、焦らず安全第一で利用していくようにしましょう。

 

 

 

脱毛器の1回当たりの脱毛価格

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛器を購入する時、本体価格を確認するのはもちろんですが、その先も少し意識してみるといいと思います。
つまりコスパですね。

1回の照射に対していくらになるのかを比較して、本当にお買い得なのはどの脱毛器か、という判断をしていくのもいいのではないでしょうか。

男性が利用出来る脱毛器は『ケノン』と『トリア』が有名ですが、コスパを考えるとケノンが優秀です。
ケノンは1回の照射の価格が3.5円に対して、トリアは15.9円と割高です。

また、ケノンはカートリッジを交換することで本体を使い続けていくことが出来るのですが、トリアはそれが出来ないので本体毎買い換える必要があります。
つまり、買い換えた時はケノンの場合、ヒゲ用のカートリッジ『ストロングカートリッジ』は9,800円で購入出来るのに対して、トリアは本体毎の39,800円で購入しないといけないのです。
コストも1回の照射価格が0.5円と安くなり、トリアは15.9円のままです。

1個を使い続けられるのはケノンは約20万発まで、トリアは約25万発とこちらはトリアの方が多いのです。

コスパを比較すると、ケノンの方がだいぶ安いです。
本体価格はトリアより高く69,990円と高めですが、こういった所を比較して購入を考えてみるのもいいのではないでしょうか。