メンズ用の脱毛器はこちら

男性用の家庭用脱毛器や男女兼用出来る脱毛器など。ムダ毛のお手入れをしていきたいメンズに向けての情報を書いていきます。自宅で簡単に脱毛をしてみましょう!

 

家庭用脱毛器を利用して女性にモテる

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛は女性にモテるための方法の一つになってきています。
お手入れをしていない男性は、女性に嫌われる可能性が高いですからね。
女性にモテたいなら、きちんと脱毛をして清潔感をアップしていきましょう。

カミソリや除毛クリームで処理をしていくのも手軽でいいですが、毎度毎度処理をするのが面倒だ、という人は家庭用脱毛器を利用してみてはどうでしょうか。

家庭用脱毛器は、家庭で利用出来るように脱毛サロンの光脱毛器かクリニックのレーザー脱毛器の出力を弱めたものになります。
出力が弱い分、効果が出るのは遅いと言われていますが、サロンやクリニックに通わないで、ムダ毛を薄くしていったりすることが出来ますよ。

また、サロンなどには2〜3ヶ月に1度通わないといけないので、先の予定の見通しがついていないと予約が取りにくいです。
ですが、家庭用脱毛器なら自宅で利用出来るので、予定なども関係ありません。
2週間に1度のペースで利用することも出来るので、思い出した時に処理をしていけばいいだけです。

自分でやらないといけなかったり、手が届かない範囲の処理は難しいものの、ひげ・手足なら自分でも続けて処理を続けていけるのではないでしょうか。

カミソリなどで処理をしなくて済むようになる分、肌へのダメージも減るので美肌にもなっていきます。
触れて気持ちいい肌なら、女性からのスキンシップも増えるのではないでしょうか。


 

 

業務用の脱毛器との違い

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛サロンで利用されている業務用の脱毛器と家庭用の脱毛器とでは、実際の所、何が違うのか。
そんなことが気になった人もいるのではないでしょうか。

今は家庭用の脱毛器も性質が上がってきたので、ほとんど脱毛サロンと同じような効果があると言われています。

それでも違いを挙げるとすれば

・効果が出るのに家庭用の方が時間が掛かる
・安全面

といった所に集約されるはずです。

家庭用脱毛器は、家庭で安全に利用が出来るように出力を弱められています。
そのため、脱毛サロンで施術を受けるよりも効果が出るのに時間が掛かってしまいます。

また、家庭で安全に利用出来るように、とは言われていますが、処理を行うのが一般の方ですから場合によっては何かしらのトラブルが起きることもあります。
簡単に操作出来るようになっているので、取り扱い説明書を読まない人も多いらしく、出力を上げ過ぎて火傷のような状態になることもあるそうです。

家庭用脱毛器を利用するのでしたら、予約が取れないといったことがなくいつでも好きな時に脱毛していくことも出来ますので、焦らず安全第一で利用していくようにしましょう。

 

 

 

脱毛器の1回当たりの脱毛価格

JUGEMテーマ:脱毛器

脱毛器を購入する時、本体価格を確認するのはもちろんですが、その先も少し意識してみるといいと思います。
つまりコスパですね。

1回の照射に対していくらになるのかを比較して、本当にお買い得なのはどの脱毛器か、という判断をしていくのもいいのではないでしょうか。

男性が利用出来る脱毛器は『ケノン』と『トリア』が有名ですが、コスパを考えるとケノンが優秀です。
ケノンは1回の照射の価格が3.5円に対して、トリアは15.9円と割高です。

また、ケノンはカートリッジを交換することで本体を使い続けていくことが出来るのですが、トリアはそれが出来ないので本体毎買い換える必要があります。
つまり、買い換えた時はケノンの場合、ヒゲ用のカートリッジ『ストロングカートリッジ』は9,800円で購入出来るのに対して、トリアは本体毎の39,800円で購入しないといけないのです。
コストも1回の照射価格が0.5円と安くなり、トリアは15.9円のままです。

1個を使い続けられるのはケノンは約20万発まで、トリアは約25万発とこちらはトリアの方が多いのです。

コスパを比較すると、ケノンの方がだいぶ安いです。
本体価格はトリアより高く69,990円と高めですが、こういった所を比較して購入を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

カテゴリ一覧

リンク

最近の投稿

アーカイブ

無料ブログ作成サービス JUGEM


ブログランキング
【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング【ブログの惑星】
ブログ王ランキングに参加中!
人気ブログランキング
ランキング参加中